79夜『第五の山(パウロ・コエーリョ)』

第五の山 (角川文庫) | パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでパウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子の第五の山 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また第五の山 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら...

1.『第五の山(パウロ・コエーリョ)』評価:77点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 77 2016 20 21 

キリスト教的要素が濃い作品です。場面場面に日本では見ならない神秘的な話が書いてあります。

嘘があると作者が言っていたと思います。

2.『第五の山(パウロ・コエーリョ)』あらすじ・内容・要約

混迷を極める紀元前9世紀イスラエル。指物師のエリヤは、子供の頃から守護天使の声を聞き、ビジョンを見て育った。ある日、私の言、「私の言葉が果たされぬ間は、雨も露も一滴も降らないであろう」という大いなる啓示を受け、エリヤは王に進言をするが、運命が彼に与えたのは、苦難と使命だった。人は自分の運命に向かって旅する時、しばしば道を変えざるを得なくなる――。旧約聖書の時代から蘇る、愛と勇気、そして運命の獲得の物語。


『第五の山』は、作者パウロ・コエーリョの第七作目の作品ですが、日本に紹介された作品としては、第四作目にあたります。コエーリョは敬虔なカソリック信者であり、また、カソリックに属する神秘主義教団の―つであるRAM教団にも属しています。それもあって、彼の今までの作品の多くは、キリスト教の色彩と神秘主義的な香りを合わせもつものになっています。この『第五の山』はその中でも、特にキリスト教的色彩の濃い作品と言えるかもしれません

第五の山 (角川文庫) | パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでパウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子の第五の山 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また第五の山 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら...

3.『第五の山(パウロ・コエーリョ)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

旧約聖書の時代のお話を綴っている。

4.『第五の山(パウロ・コエーリョ)』まとめ

あっち側に回っていくことが書いてあります。

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
海外文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました