58夜『自由からの逃走(エーリッヒ・フロム)』

自由からの逃走 新版 | エーリッヒ・フロム, 日高 六郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでエーリッヒ・フロム, 日高 六郎の自由からの逃走 新版。アマゾンならポイント還元本が多数。エーリッヒ・フロム, 日高 六郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また自由からの逃走 新版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

1.『自由からの逃走(エーリッヒ・フロム)』評価:80点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 80 1920 21 19 

私たちは今どこにあたるか、二ヒニズムに打ち勝つことが我々はできるのであろうか?

人間が自由から逃げずに孤独と無力感を克服するときできるらしいです。

2.『自由からの逃亡(エーリッヒ・フロム)』あらすじ・内容・要約

フロムは「序文」で、近代人は前個人的社会の絆から自由になったと述べます。近代人は自由の重荷からのがれて新しい依存と従属を求めるか、あるいは人間の独自性と個性にもとづいた積極的な自由の完全な実現に進むかの二者択一に迫られるそうです。

第一章は「自由ー心理学的問題か?」です。ファシズムが国民を魅惑した方法を理解するためには、われわれは心理的要素の役割を認めざるをえないとフロムは考えます。

第二章は「個人の解放と自由の多義性」です。個性化の過程において、個人が完全に解放される以前に存在する一連の絆を「第一次的絆」とフロムは呼びます。子どもが成長し、第一次的絆が次第にたちきられるにつれて、自由を欲し独立を求める気持が生まれてきます。子どもは個性化が進むにつれて強くなっていく一方、孤独が増大していきます。孤独な子どもは、権威への服従か自発的行動かの二者択一を迫られます。

第三章は「宗教改革時代の自由」です。中世社会の人間はまだ第一次的絆によって世界と結ばれていましたが、ルネッサンスの時代になると貴族とブルジョアは自由と孤独を得ます。ルッター主義とカルヴィニズムは、都市の中産階級や貧困階級、また農民にいきわたっていた無力と不安の感情とともに、自由と独立の新しい感情をも表現していました。

第四章は「近代人における自由の二面性」です。近代社会の機構は、同時に二つの仕方で人間に影響をあたえています。その二つの仕方というのは、人間はよりいっそう独立的・自律的・批判的になったことと、よりいっそう孤立した・孤独な・恐怖にみちたものになったことです。資本主義社会がもたらした孤独と無力の感情は、気晴らしをする一般の普通人にはおおいかくされています。

第五章は「逃避のメカニズム」です。マゾヒズム的な人間は劣等感・無力感・個人の無意味さの感情にとりつかれており、外側の権力によりかかろうとします。サディズム的人間は孤独感と無力感から逃れるために、他者を支配しようとします。サド・マゾヒズム的性格のうち、ことに神経症的ではなくて正常な人間をさすばあい、フロムは「権威主義的性格」と呼びます。権威主義的性格の人間は権威をたたえ服従しようとする一方、みずから権威となって他のものを服従させたいと願います。サディズムとマゾヒズムの根底には対象との共棲がみられますが、破壊性は対象を除去しようとします。破壊性もまた、たえがたい個人の無力感や孤独感にもとづいています。孤独や無力を克服するために個人が自分自身であることをやめることを、フロムは「機械的画一性」と呼びます。近代社会において自動機械となった人々は、安定をもたらしてくれるような権威に、たやすく従属しようとします。

第六章は「ナチズムの心理」です。労働者階級や自由主義的およびカトリック的なブルジョアジーの消極的なあきらめの態度と対照的に、ナチのイデオロギーは下層中産階級によって熱烈に歓迎されました。ヒットラーのパースナリティ、かれの教説およびナチの組織は権威主義的な性格構造の極端な形態を表現しており、ヒットラーと同じような性格構造を持った民衆に強く訴えました。ヒットラーは大衆をサディズム的方法で軽蔑し愛し、神・運命・必然・歴史・自然にマゾヒズム的に服従しました。

第七章は「自由とデモクラシー」です。われわれの社会では、感情や思考、意志的行為における独創性が欠如しているとフロムは考えます。自発的な活動は、人間が自我の統一を犠牲にすることなしに、孤独の恐怖を克服する一つの道です。人間が社会を支配し、経済機構を人間の幸福の目的に従属させるときにのみ、また人間が積極的に社会過程に参加するときにのみ、人間は現在かれを絶望ー孤独と無力感ーにかりたてているものを克服することができると、フロムは結論づけています。

https://amaikahlua.hatenablog.com/entry/2018/06/10/133645より

3.『自由からの逃亡(エーリッヒ・フロム)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

現在は、フロムの言う「逃避のメカニズム」にあたっています。外側の権力に寄り掛かろうとしている。

権威主義的性格とフロムが読んでいるものです。

そこで、フロムは機械的画一性を呼びかけています。この孤独と無力を克服した時、また人間が積極的に社会的過程に参加する時にのみ克服できるのです。

さあここで現在はどうなのだろうか?トランプは、実は不動産で4度破産しています。

しかし、その度に現地のメディアを買い占めて丸く納めるのでした。パチパチ

自分がうまくメディアを使うトランプさん相手がどうやって出てくるか分かるので、それに対して上手に中間層以下からの支持が多い2020年、DS側の人間との貧富の差が生まれすぎた。そこを利用して中間層の支持を集めたトランプさんはDSの不正投票がわかっていたのでそれを上乗せして指示を集めた。

どっちもカオス状態なんです。アメリカさんその証拠は富裕層からではなく中間層以下はほとんどトランプさんなのがわかります。

結局何が言いたいかというと

トランプさんはネオナチズムである。

民主党は貧富の差で経済崩壊をして戦争に向かわせたい。

両方カオスですということです。

本当の自由を望んでいる人がいないということです。

私が見たところ間違いなく2021年は戦争の年になりそうです。

ユダヤ人がイスラエルに移住した。

こんな感じから、おそらく富裕層はアメリカから着実と逃げていったのでしょう。

自由からの逃走でこの記事が読んでいる時はもう手遅れかもしれませんが、1人も多くが自分の思考力がつけば、日本人も自分の目の前の世界が変わります。

4.『自由からの逃亡(エーリッヒ・フロム)』まとめ

3秒あれば世界が変わるものです。あんたの固定観念はいかほどでしょうか?

私も直接トランプさんに会ったことがないので、信用における人間か、自分の目で確かめたわけではないですが、不動産を買い漁って失敗したら、相手を黙らせて儲けるという戦法は中国の共産主義とあまり変わらない戦法です。

本当に自由を追い求めている人ならいいですが、人間は脆く弱い生き物です。

ネットの中の声を聞いてみても脆くて弱い人の声に聞こえます。バイデンももっと悲惨ですが、

皆さん備えておきましょう。本当の智慧を追い求めていくしかないです。解決方法は、いつも協力し合う心を持って生きようとして考え国民一人ひとりの意思に決定します。

学ばないことを学ぶことしか人間は学べません。

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
学術・教養・哲学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました