51夜『学習する組織(ピーター・M・ヤング)』

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する | ピーター・M・センゲ, 枝廣淳子, 小田理一郎, 中小路佳代子 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonでピーター・M・センゲ, 枝廣淳子, 小田理一郎, 中小路佳代子の学習する組織 ― システム思考で未来を創造する。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

1.『学習する組織(ピーター・M・ヤング)』評価:80点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 8018  2023 19 

学習する組織の作り方が書いてある。

2.『学習する組織(ピーター・M・ヤング)』あらすじ・内容・要約

今日、世界はますます複雑になり、ビジネス環境は日々変容し、私たちの仕事はかつてなく「学習」が求められるものとなった。これまでのマネジメントの枠組みはもはや通用しない。不確実性に満ちた現代、私たちの生存と繁栄の鍵となるのは、組織としての「学習能力」である。――自律的かつ柔軟に進化しつづける「学習する組織」のコンセプトと構築法を説いた本書は、世界100万部を超えるベストセラーとなり、90年代のビジネス界に一大ムーブメントを巻き起こした。2006年刊の増補改訂版である本書『学習する組織』は、企業、学校、地域コミュニティ、社会課題など、さまざまな実践事例を踏まえて大幅に加筆修正されており、いま個人・企業・社会に求められる真の「変革」とは何かを私たちに問いかける。ユニリーバ、VISA、インテル、世界銀行、ヒューレット・パッカードなど多様な組織で導入されてきた「学習する組織」。著者ピーター・センゲの深い人間洞察と豊富なケーススタディに裏打ちされた本書を通じて、管理ではなく学習を、正解への固執ではなく好奇心を、恐怖ではなく愛を基盤とする、新たな「マネジメント」のあり方があなたにも見えてくるに違いない。

学習する組織より

3.『学習する組織(ピーター・M・ヤング)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

学習する組織を自動的に作れれば何もせず利益が出せる。そのためにどのように組織を作ればいいのかがわかる本。

人を動かすためには結局誰よりも勉強するのは経営者なのかもしれない。じゃないと結局うまく回らない仕組みになっている。

資本主義は社会の求めているものを提供するためにできているのかもしれない。

しかし、競争をしすぎるので協力しあっていいシステムを作っていくシステム作りも必要なところが難しいところである。

4.『学習する組織(ピーター・M・ヤング)』まとめ

ぶっちゃけ教科書の経営って何も学べないことがわかる。人のことを教えてくる教科書はありますか?

人と触れ合って相手の表情と笑顔で触れ合ってわかるものです。

それはどこにいても使える必殺技ではないでしょうか?

凄みがあって優しい人に人は寄ってきます。学習する組織は、そのために必要なのかもしれない。

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
経営学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました