38夜『フロー体験喜びの現象学(チクセントミハイル)』

1.『フロー体験喜びの現象学(チクセントミハイル)』評価:83点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 8318 21 22 22 

よく漫画で出てくるフローとかゾーンその現象学はどういうことだろう?ということが書いてある。

この脳の中引き出し集中力の引き出される条件を書いてある。

漫画をやっているときにフロー体験をしているから漫画でよく書かれているのでしょう。

私たちは小さい時からこのフロー体験を経験している。それをどれだけ引き出せるから人生の充実度が変わってくると感じる。

これは無意識のレベルの話なので、結局覚醒のプロセスに必要なものである。

それではフロー体験の喜びの現象学について紹介します。

2.『フロー体験喜びの現象学(チクセントミハイル)』あらすじ・内容

①フロー体験喜びの現象学の本

  1. 目標の明確さ(何をすべきか、どうやってすべきか理解している)
  2. どれくらいうまくいっているかを知ること(ただちにフィードバックが得られる)
  3. 挑戦と能力の釣り合いを保つこと(活動が易しすぎず、難しすぎない)
  4. 行為と意識の融合(自分はもっと大きな何かの一部であると感じる)
  5. 注意の散漫を避ける(活動に深く集中し探求する機会を持つ)
  6. 自己、時間、周囲の状況を忘れること(日頃の現実から離れたような、忘我を感じている)
  7. 自己目的的な経験としての創造性(活動に本質的な価値がある、だから活動が苦にならない)

以上の7点の要素がFLOWに入りやすくなる条件です。

 そして、「Flow(フロー)」から、自身の成長を促す「Arousal(覚醒)」になるのです。
このようなことが本書の実験で分かってきているとのことでした。

ここからは自分の経験をもとにそのイメージを書いていきます。

②実体験のフロー状態

大きく3つの方法で私はフロー体験を味わいます。
 1つ目が、今はもうやっていませんが、高校の時野球をやっているとき、バッターとして、打席に入った時にフロー体験を味わいました。長嶋茂雄の名言「ボールが来る、止まる・打つ」これがまさにフローの最上段階といえましょう。自分もこの様なイメージです、ボールの縫い目が見えるスローになる。打つとホームランとその当時は今もですが馬鹿なのでフローとか知らず、なんとなく過ごしていましたが、あとになって知りました。
 2つ目が、本を読んでいるときです。初めのほうは時間が過ぎるのが早いなと思って読んでいるのですが、どこからか5分なのに、ふと気がついたときに恐ろしいページ数を読んでいるときがある。時間軸がずれて覚醒している状態でしょう。
 3つ目が、瞑想です。瞑想をしているときにタイマーをかけないと時間がわからなくなります。頭の中の松果体がざわめきあい、熱くなります。その時の感覚は研ぎ澄まされ不思議な感覚がいたします。

これが自分のフロー体験のイメージです。純粋に物事に取り組んでいるときに訪れます。本を読んでいるときにつまらないとか雑念があるときは入れません。

しかし、これをやってしまうと一気に肉体のエネルギーが持っていかれ、充電を余儀なくされます。おそらく体の出来上がっていないときにスポーツでフローに入ると怪我をするでしょう。フロー体験はこのくらい致します。漫画AKIRAの中で例えるなら、金田君が嘔吐するとき。もしくは、こんな感じです。


 この覚醒がDNAの促進に繋がってきているのではないでしょうか?ということでここからは覚醒はDNAに刻まれている。

③三重らせん”なら、テレパシーも使いこなせる!

人間本来の力を発揮した時に進化顔と釣れるのではないでしょうか?
三重螺旋"構造のDNAを持つ子どもがいる!?
 先ほどのゾーンを引き出してしまうと、体的に持たないといっていましたが、今注目されているのが、10万に一人にみうけれる三重らせん"構造のDNA。通常のDNAで「ジャンク」と呼ばれ、使われていない部分を"三重らせん"DNAは活用しているため通常の人間よりも脳が活性化し、なおかつ、寿命も長く、病気にもかからない、まさに「完璧な存在」となる人がいる。
 そしたら、今までの常識では考えられない力ができるようになるでしょう。テレパシーとかエネルギーのイメージとかそのフローの覚醒のところでは何でもできる感じがしますからね。

■“三重らせん”なら、テレパシーも使いこなせる!


フォックス博士は、“三重らせん”構造のDNAを持つ子どもたち3人の特徴を詳細にわたり調査している。それによると、この子どもたちは壁を隔てた別の部屋から、ただ精神を集中させるだけで物を動かすことができ、さらにはコップを見つめるだけで水を満たすことができるなどの特殊能力、すなわち「テレパシー」を使いこなすという。

 しかも、3人の子どもたちに代表される“変化した”DNAの持ち主は、ほかにも存在していることが判明しており、研究者の間では約20年前から現代人のDNAが少しずつ変化しはじめている可能性が囁かれている。そして、次の10年のうちにほとんどの人類の遺伝子が突然変異を起こす可能性があるようだ。フォックス博士によると、徐々に進行しつつある遺伝子の変異によって、私たちの精神やホルモン分泌に影響が及び、その結果、社会にも少なからず変化を与えているのだという。

https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201604_post_9410/


 そのDNAが3重螺旋構造になれば、私のタイトルのホモデウスになるのではないでしょうか?
 物事には+があってーがありますから、何か問題点は出てくるでしょう。もちろん他人の健康を奪うような行動は慎みますが、コロナ覚醒ウイルス程度に思って過ごせていただければ、わたくしも幸せです。今日の妄想でした。
ありがとうございました☺︎

3.『フロー体験喜びの現象学(チクセントミハイル)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

フロー体験は時間が歪む世界に感じられます。不思議な世界です。圧倒今に時間が過ぎたり反対に時間が止まったりする。

自分の中でたった5分が1秒のようにこの瞬間、瞬間があるだけに感じます。

そしてこの体験をできる幸せと高揚感があります。

4.『フロー体験喜びの現象学(チクセントミハイル)』まとめ

フロー体験はもっと調べることが必要かもしれません。意味があるからフロー体験に入れるらしいです。

期限ギリギリのときにめっちゃやるとかそういう経験はフロー体験の条件らしいです。永遠に与えられた時間の中だとフロー体験はできないのか氣になりますね。

まだまだフロー体験はまだわからない面も多いのでこれから期待していい分野かもしれません。以上

他にも過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
社会学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました