33夜『ブッタ(手塚治虫)』

1.『ブッタ(手塚治虫)』評価:84点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 84 22 2021 21 

ブッタは、真理に近い言葉が多いです。悟りって何?人間って誰もが悟っている。しかし、悟っている人は氣違いと思っている風潮がある。

それはなぜなのか?本当はとても必要なことではないだろうか?苦しみや悩みの煩悩について難行苦行は必要なのだろうか?

それではあらすじを紹介します。

2.『ブッタ(手塚治虫)』あらすじ・内容

苦行の世界に入っていく、今の仏教とは大きく違うように見受けれる。

やはり一人ずつに神が宿っている。それなのに奴隷のような制度を作りたがる人間がいる。それを我々は手放してあげる必要があるのかもしれない。もしくはある程度知っておく必要もあるのかもしれない。

苦労を知っとかないと、結局威張ってしまいその立場の時にやり返すことになりかれないのだから、、、

難行苦行の道を行くが、どこまで本当でどこまで手塚治虫思想なのか微妙なところだが、かなり面白い内容である。今もなお何も変わらない漫画の王道ということは間違いない。

心にしみた言葉「いつも私は言っているね、この世のあらゆる生き物はみんな深い絆で結ばれているのだと、、、、」

これ鳥肌立ちました。とても想像を超える言葉の重みを感じました。

おそらく自分の体験・経験・エネルギーから汲み取ってもおそらくわからないであろう言葉の重みを感じました。

生き物も人への恨みも全て繋がっている。今この言葉を発したことで、何かしらの振動をして刻まれる。最初はほんの少しの影響かもしれないけど、その全体として積み重ねていくと大きなエネルギーになる。いつしかそのエネルギーに惹きつけられてくる人たちが増えてくる。

パワースポットとかよく行かれる方いますよね?

それと同じく実は人間自体がパワースポットになり得るのではないでしょうか?

しかしある時から、お金目的の本来の人間としての目的「生きるための向上」を忘れ、私利私欲に走ってします。そうなると結局、不平不満。愚痴泣き言、戦争の嵐になってしまう。

食料もある、旅もできる、いまはなんていい時代なのだろうか?富裕層が悪い、貧富の差が開いてします。

ではどうすれば良いのであろうか?

その人たちを恨んでいるだけではない。

もう一度、感謝の気持ち、奴隷さん市民富裕層マネーゲームになってやいませんか?

はっきり言います、今食料を食べて生きるのにお金はそこまでかからない、旅行だって、コーヒー、香水は貴族の遊びだったのに、自分でも買える。どこにいても一人ずつの氣持ち次第で地獄に生きるか天国に生きるかあなた次第。

もう一つ感動した名言を紹介いたします。

「あの雲のようなものだ。雲は流れてきては形を変えていく、時には嵐、時には澄み切った青空、時には霧になったりする」

「人間の世界でも同じではないでしょうか?時には貴族制、時には武士制、時には弱肉強食、時には学歴制になる」

本当ですよね、その時々で変わる。

一時期的は良かったのかもしれないけど、ある時から狂気になる。今の社会がちょうどその雲の流れで大きく形を変えようとしている。

資本主義から大きく変化して、AI主義になる?

最近の世界で言ってはいけないタブーはこれでしたが、今は言える。

富裕層→市民→奴隷(資本の元の奴隷)

苦しみ・不安からは逃れなれないですが、自分の道としっかり向き合えば答えは出てくる、

そうあの雲のように任せて生きていこう。

そう思わせてくれる漫画でした。

3.『ブッタ(手塚治虫)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

このブッタを読むと悟りたくなる。差をとるのが悟りとわかった。何かができないと私たちはいけないと思っているが、実は何も必要のないことで全てが成功のための糧ではないだろうか?

私たちは幸せを追いかけず、なんとなく生きている。いいものが手に入っていいお家がいい企業に入って働くことが大切なのだろうか?

それよりも少しでもシステムを良くしたり、人間が幸せになるために何ができるのか?そのために企業もお金もできたはず。

どの時代もあまり変わらず、成功者は自分を認めて自我というものをよく知っている。偉人に皆がなったら社会は一体どうなるのであろう?もちろん

皆が成功者で思って生きていくことの大切さ命の尊さを学べる。

よく修行から出てきて情報に触れた瞬間世の中に絶望をする人がいる。それは、きっと悟りを開いているのと現実とのギャップに大きな衝撃を受けるという。

この人流のギャップをもう一度思い出すためにすべてのこと必要なことなのだと思う。

4.『ブッタ(手塚治虫)』まとめ

このような時代に生まれとても幸せだと思う。

私の肉体でこの時代を感じられる喜び。空気、匂い、目から入ってくる綺麗なもの笑顔、虫たちの巡り合わせ、雀の泣き声手で触れる。松ぼっくりのなる木、数えれば数えるほど全てがまるで用意されている。

悟ってたくなる本でした。

また、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
コミック
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました