318夜『最後の将軍 (司馬遼太郎) 』あらすじ•感想•要約•解説

とてもいい内容の本なのでしょうが、
少し距離を置きましょう。
今読むときではないようです。
あっさりと終わらせます。

1.『最後の将軍 (司馬遼太郎)』評価:点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫) | 司馬遼太郎 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで司馬遼太郎の最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

2.『最後の将軍 (司馬遼太郎)』あらすじ・内容・要約

ペリー来航以来、開国か攘夷か、佐幕か倒幕かをめぐって、朝野は最悪の政治的混乱に陥ってゆく。
文久二年、将軍後見職として華々しく政界に登場した、のちの十五代将軍徳川慶喜は、優れた行動力と明晰な頭脳をもって、敵味方から恐れと期待を一身に受けながら、抗しがたい時勢にみずから幕府を葬り去った。さまざまなエピソードを連ねて描かれる、“最後の将軍”の生涯。

アマゾンより

3.『最後の将軍 (司馬遼太郎)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

4.『最後の将軍 (司馬遼太郎)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
日本文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました