303夜『これからのお金持ちの教科書(加谷珪一)』あらすじ•感想•要約•解説

もうこの人の内容は、わかっているので書くのはやめます。

1.『これからのお金持ちの教科書(加谷珪一)』評価:20点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
20555
これからのお金持ちの教科書 | 加谷珪一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで加谷珪一のこれからのお金持ちの教科書。アマゾンならポイント還元本が多数。加谷珪一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またこれからのお金持ちの教科書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『これからのお金持ちの教科書(加谷珪一)』あらすじ・内容・要約

新しい時代は、
だれにでもチャンスが訪れる。
差を生むのは、その変化に気付くか気付かないか
だけである――

2025年までにお金持ちになりたい人は
必ずお読みください。

情報がお金に換わる,もはや資本は必要ない,
シェアリングエコノミーがもらたらすもの、
人工知能との共存……
「富のルール」を知り尽くした著者が説く
「新しい資本の時代」とは。

来るべき新時代に「お金を制する者」になるために今から始めるべきこと。

これまでの社会において、お金持ちになれる人といえば、起業家か投資家と相場は決まっていた。
資本主義の仕組み自体が、そうなっていたからである。
だが、これから訪れる新しい資本の時代には、稼ぎ方も、働き方も、起業に必要なものも、「お金」の概念も……すべてが変わる。
その変化に気づいた者だけが、望む富を手に入れられる。

10年後には、すべてのビジネスパーソンが「起業家」になっているかもしれない。

姿の見えない億万長者たち◆クラウドが生む「新しい付加価値」◆スマートフォンが本当に変えたもの◆グーグルの決算を見れば世界がわかる◆アップルウォッチは使いづらい?◆10年後、あるオフィスの光景◆変化は、不連続的に発生している◆「経験」の価値は半減する◆ネット企業の高い株価が妥当性を持つ本当の理由◆ピケティ理論はやがて成立しなくなる◆情報を制する者がお金を制する◆情報をお金に換える鍵は「粒度」◆目指すのは「漠然と正しい人」◆まず「大」から考える癖をつける◆「賛同」できなくても「理解」する能力◆新しい時代に取り残される、意外な人◆「プチ・コングロマリット」を目指す◆人工知能時代にモノを言うのは「論理力」◆知恵とアイデアを「資本」に組み入れる……

アマゾンより

3.『これからのお金持ちの教科書(加谷珪一)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

権威に屈服しないこと、と書いてあった。
この人自身が心に大きな権威を感じている心叫びは聞こえました。

4.『これからのお金持ちの教科書(加谷珪一)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
ビジネス
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました