30夜『風の谷のナウシカ(宮崎駿)』

1.『風の谷のナウシカ(宮崎駿)』評価:84点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 84 22 20 21 21

風の谷のナウシカは、宮崎駿の有名な映画だが、漫画も捨てがたい。自然と人間のあり方を思い出させてくれる内容になっている。

小学生に学校の図書館においてあるのを読書タイムの時に読んでから、十数年ぶりにもう一度読んでみたが、

とてもいい漫画と哲学、宮崎駿さんは人間の輝ける時は十年といっているが、この漫画を書き終えてパヤオさんの十年のジブリ生活が始まったことがわかる。

ここから先は若い人に伝えたいメッセージが多いが風の谷のナウシカみたいに人間が生きれたらいいなという

メッセージが伝わってくる名作です。

2.『風の谷のナウシカ(宮崎駿)』あらすじ・内容

自然災害、気候変動など、今世界ではさまざまな問題を抱えています。

風の谷のナウシカでも、環境破壊により人類の文明は死にむかっているのにいまだに戦争をしている人間の世界の物語です。

荒れ果て土地は飢え酸の海や森は瘴気がう渦巻いている。

そして、主人公ナウシカも村の長になり戦争にいくことになります。

そこでみたのは、虫を利用し瘴気を利用したり、環境を破壊し続ける人間の姿にナウシカは心を閉ざしてしまいます。

心を閉ざしたナウシカは、森と共に生きるセシムという人に心を開き、現実社会に帰ってきます。

そして、元々戦争を起こしているのは、環境を破壊し続けた過去の祖先であり、ナウシカたちは瘴気がある程度必要な体で遺伝子組み換えをした人間だということがわかります。

祖先は地下のシェルターみたいなところで仮死状態でいることがわかり、起こしに行きます。

なんて人類は学ばないのと思い祖先を焼いてしまいます。

それでもナウシカたちは生きていく、人間の持つ進化の過程をふみ生きていくのか、それとも滅んでしまうのか分からずにそれでも生きていくということを誓って終わるのでした。

3.『風の谷のナウシカ(宮崎駿)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

風の谷のナウシカは、虚無や戦争の起こされている組織に対して宮崎駿さんがみんな氣がついてというメッセージを受け取ることができます。

ぱっちり二重のお目目が出てきます。

可愛いでしょ。最近隠すこともせずに平然と出てきています。

私の周りは本当に平和です。ずっとこの戦いが続いていることに宮崎駿さんが嫌気をしていることがわかる場面があります。

それでも人間として自分は優しく生きようという宮崎駿さんの意思が伝わってきます。

そのうち上書き保存をされることでしょうが、それでもこの意思は永遠に受け継がれ浮遊する人々の憎悪や妬み等々はいつかなくなることを信じて自分のできることをしていこうと思える内容になっています。

高校生くらいが読むと何を伝えたいのかわかるかもしれません。

4.『風の谷のナウシカ1(宮崎駿)』まとめ

久しぶりに読んだら、小さな身震いをしました。こうやって何度も何度も色々な方法を使って伝えてくれようとしている人々がいて、

その周りに渦巻く瘴気のように群がってくるイメージは本当にわかります。

奇跡みたいなことが起きる時があります。その時は自分の出せる最良の力を使っていていると自力の後に他力があるものです。たまたま守ってくる人が現れたり、予想外なところからくるのが奇跡です。それをつかんで自分の道を歩んでいきたいものです。

過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
コミック
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました