279夜『シオンの長老(四王天 延孝)』あらすじ•感想•要約•解説

ズドーン・ドゴーんという感じです。

1.『シオンの長老(四王天 延孝)』評価:80点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
8014 202323

面白くはありません。
この世の縮図がここに書いてありました。

【定本】シオンの議定書 | 四王天 延孝(原訳), 天童 竺丸, 天童 竺丸 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで四王天 延孝(原訳), 天童 竺丸, 天童 竺丸の【定本】シオンの議定書。アマゾンならポイント還元本が多数。四王天 延孝(原訳), 天童 竺丸, 天童 竺丸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【定本】シオンの議定書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『シオンの長老(四王天 延孝)』あらすじ・内容・要約

国家財政の破綻、通貨危機、資源戦争・・・
21世紀の歴史はこの書の通りに進行している!

『シオンの議定書』の主要論旨は、人類の秩序と国家権力を破壊して、無制限の支配権力を用いる新しい世界権力を打ちたてようとすることにある。議定書のなかに宣言されている綱領計画は、フランスやイギリスだけでなく全ヨーロッパで、さらに合衆国でも今日まで着々と実行されつつある。この計画が狙い定めているのは、本文でしばしば使用されている「ゴイム=非ユダヤ人」と称される世界各国民である。本書に規定されている「自由」は民衆の力を利用することを目的としており、同時に彼らを頽廃させ、精神を惑乱させ、意思のない道具にしようと企図しているものばかりである。

アマゾンより

3.『シオンの長老(四王天 延孝)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

違うサイトでまとめましたのでそちらへどうぞ!

シオン長老の議定書

第5議定書

その現実の力は、いかなる暴力も用いることなく、世界中の国家支配力を次第に吸収して、超政府を形作るのである。今日の支配者たちに代わって、われわれは超国家管理機関という怪物を設けるであろう。その手は鉗子のようにあらゆる方向に伸び、その組織は巨大な規模に広がり、世界中の人間という人間を制圧せずにはおかないだろう。

その裏に天才があろうものなら、このような企ては、われわれが軋轢の種子を蒔いた人民何百万人にも勝る力を持つのである。われわれはゴイム社会の教育を指導する際には、かれらが何か創意を示す徴候があれば、いつでも気力を失って絶望してしまうように仕向けなければならない。自由奔放な活動というものは、別の自由奔放さに出会うと無力になる傾向がある。衝突すると、容易ならぬ精神的打撃、失望、意気消沈が起こる。

第6議定書

時期尚早のうちにゴイムに真相をさとられないようにするために、われわれは仮面をつけて、われらの経済学説が精力的に宣伝する偉大な政治経済原理のもと、いかにも労働者階級に役立つかのように情熱を傾けて説き伏せるだろう。

第8議定書

その人間がわれわれの意に従わない場合には処刑し放逐しなければならない・・

第9議定書

諸兄の中には、来たるべき時が来ないうちに、もしもゴイムが真相を嗅ぎつけたら、かれらは武器を手にして蜂起すると言われる方もおられるようが、それに備えるに西欧においては、最も太い肝玉の持ち主をも戦慄させる恐怖作戦をもって対抗する・・すなわち、決定的な瞬間が来る前にすべての首都に地下鉄道、大都市の地下通路が設けられ、事到ればそれらの首都を建物や書類もろとも空中に吹き飛ばすのである。

第10議定書

もしも世界の国民にホッと一息でも入れさせるならば、われわれが渇望する時は九分九厘到来しないのである。

4.『シオンの長老(四王天 延孝)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
歴史学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました