26夜『サピエンス全史 上・下 (ユヴァル・ノア・ハラリ)』5分でわかるあらすじ

ユヴァル・ノア・ハラリ氏のサピエンス全史を読んで虚構の人類史ががわかります。

お前嘘つきと言いますが、人類全員嘘つきなのでした。けど、いい嘘もつけるのが人類に与えられた愛の嘘つきなのではないだろうか?

サピエンスのあらすじと思い込みと自己解釈を紹介しちゃいます。

//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=hiro112405-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01KLAFEZ4&linkId=1074b3f5f6efc9cdf1cb50b55c7142e4

1.『サピエンス全史 上・下 (ユヴァル・ノア・ハラリ)』評価:85点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 85 2122 21 21 

サピエンスの歴史がわかります。ホモサビエンスが生き残った理由が書いてあります。

かなり面白い内容です。解説します。

2.『サピエンス全史 上・下 (ユヴァル・ノア・ハラリ)』あらすじ・内容

ざっくりいうと人間は他の種と違い虚構がつけるから生き残れるようになったのである。

現在トランプとバイデンの大統領選挙はアメリカで行われていて、目の前で行われていない人から聞いた情報も信じれるために団体行動ができるようになったのです。

第2次情報(人から聞いた話)を信じれるようになって人間は勝ち残ったのです。

3.『サピエンス全史 上・下 (ユヴァル・ノア・ハラリ)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

勝ち残ったのはいいですが、人間の欠点んは2次情報(人から聞いた話)と3次情報(情報源が不明な情報)の選別ができないが問題になって、お互いが殺し合うことになるのだとか、

とてもネットの9割近くは嘘ですが、それでも情報をくまなく探して本と照らし合わせるとうまくいくかもしれなません。

4.『サピエンス全史 上・下 (ユヴァル・ノア・ハラリ)』まとめ

人間の虚構はいい面と悪い面があります。それも受け入れて少しでもいい情報を提供できたら嬉しいです。

過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
歴史学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました