269夜『阿弥陀仏と極楽浄土の物語(大角 修)』あらすじ•感想•要約•解説

阿弥陀仏とは?何か知りたいので読了しました。
以下のことをアウトプットします。

  1. 阿弥陀経の物語
  2. 観無量寿経が第1〜16観
  3. 48の本願の由来
  4. 5戒

がわかりました。

ここでは「観無量寿経が第1〜16観に分かれていること」と「阿弥陀仏の物語」と「5戒」をピックアップします。

1.『阿弥陀仏と極楽浄土の物語(大角 修)』評価:80点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
8020 202020

今も残る極楽地の所以は、阿弥陀仏と言っても過言ではありません。
浄土の伝えたかったことがわかるいい機会になります。

阿弥陀仏と極楽浄土の物語 ー全訳・浄土三部経ー | 大角 修 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大角 修の阿弥陀仏と極楽浄土の物語 ー全訳・浄土三部経ー。アマゾンならポイント還元本が多数。大角 修作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また阿弥陀仏と極楽浄土の物語 ー全訳・浄土三部経ーもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『阿弥陀仏と極楽浄土の物語(大角 修)』あらすじ・内容・要約

本書では、浄土三部経を略すことなく現代語に改めた。もっとも苦心したのは、繰り返される言葉を目で読んでも、抵抗なく読み進められるかという点だった。そのために詩歌の表現法にならって語句を繰り返し、改行を多くした。
また、経典の現代語訳では語注を別記するのが通例だが、それでは流れが途絶えて、経典の言葉にふさわしくない。本書では語句の説明も本文中に組み込むことで、あえて語注は付していない。全体には漢訳経文を忠実に現代語に改めたが、そうした広がりをもたせたため、書名を「阿弥陀仏と極楽浄土の物語」とした次第である。
極楽浄土への往生を願う信仰を浄土教というのだが、それが日本の歴史と文化に与えた影響は計り知れない。そこで本書では、「日本の浄土教と文化」というコラムを経典の区切りに挿入し、浄土庭園や阿弥陀三尊、古典文学で語られる極楽などを紹介した。
浄土三部経とは・・・
阿弥陀仏と極楽浄土のことが説かれている浄土経典群の中で無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経の三つをいう。それは平安末期から鎌倉時代初期の動乱の世に浄土宗を開いた法然(1133~1212)が主著『選択本願念仏集』の第一章で記したことに始まる。「正しく往生浄土を明かすの教へといふは、謂く三経・一論これなり。三経とは、一には無量寿経、二は観無量寿経、三は阿弥陀経なり。一論とは、天親(インドの僧)の往生論これなり。或はこの三経を指して浄土の三部経と号す」と。
以来、親鸞の浄土真宗、一遍の時宗など、日本の浄土信仰の根本に浄土三部経が置かれた

アマゾンより

3.『阿弥陀仏と極楽浄土の物語(大角 修)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

阿弥陀経では、3悪趣(地獄・餓鬼・畜生)のない修羅・人間・天の世界です。
時間軸も違い三千大世界です。

観無量寿経では、観法を16項目に分けました。

  1. 日の想
  2. 水の想
  3. 地の想
  4. 宝樹の想
  5. 八功徳水の想
  6. 総観の想
  7. 華座の想
  8. 像の想
  9. 偏観一切色身の想
  10. 観世音菩薩の真実の色身を観ずる想像
  11. 大勢至の色身を観ずる想
  12. 普観想
  13. 雑想観
  14. 上輩生想
  15. 中輩生想
  16. 下輩生想

以上に分けました。

どの観法でも5戒にそむかないことが大切です。

5戒は

  1. 殺すなかれ
  2. 盗むなかれ
  3. 淫らであるなかれ
  4. 偽りをなすなかれ
  5. 飲酒・放逸に身をゆだねるなかれ

です。そうすれば、阿弥陀仏の大三全世界の極楽地に行けるのです。

4.『阿弥陀仏と極楽浄土の物語(大角 修)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
宗教・思想
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました