268夜『捨てる力(大喜多健吾)』あらすじ•感想•要約•解説

捨てることの大切さを学びます。
人間は生きていると何かしらのしがらみを持ちますが、一切「空」なのでしょう。
本来そんなものは何もないのです。
そのために37の「雑念」との向き相方をまとめます。

1.『捨てる力(大喜多健吾)』あらすじ•感想•要約•解説』評価:70点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
7018181717
捨てる力 ブッダの問題解決入門 | 大喜多 健吾 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大喜多 健吾の捨てる力 ブッダの問題解決入門。アマゾンならポイント還元本が多数。大喜多 健吾作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また捨てる力 ブッダの問題解決入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『捨てる力(大喜多健吾)』あらすじ・内容・要約

2500年にわたって受け継がれてきた仏教は、民衆の苦しみ・悲しみを救ってきた。
当然、そこには「ありがたい教え」が満載なのだが、著者が主張するのは「仏教の教えはそれだけではありません。その中には、きわめて現実的で、ビジネスに活かせる思考法や行動指針、問題解決のヒントが多く詰まっている」ということ。
お金、モノ、人間関係、欲、老い、失敗、怒り、哀しみ…など、時代は変わっても、今も多くの人が悩みを抱えて生きているが、それらの悩みは、それぞれの対象に向けた「煩悩」「偏見」「執着」を捨てることで消えていく。
つまり、「煩悩」「偏見」「執着」を捨てればラクになり、本当に必要なものが手に入り、人生は好転していくのである。
本書では、仏典に残されたブッダのエピソード、経典に書かれた僧侶たちの言葉、著者の体験などをもとに、多くのビジネスパーソンが抱えるお金・仕事・人間関係・家族などの問題解決の方法を紹介する。
具体的な事例を多数取り上げながら、「こういう悩みには、こういう仏教的な解釈をして、こういう方法を実践すれば解決できる」という流れで「執着を捨てればラクになれる」ことを伝える全38項目。
「仏教=問題解決の方法」という新しい考え方が、現代人を救ってくれる。

アマゾンより

3.『捨てる力(大喜多健吾)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

4.『捨てる力(大喜多健吾)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければホーム画面にどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
宗教・思想
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました