265夜『伝える技法 プロが教える苦手克服文章術(高田 昌幸)』あらすじ•感想•要約•解説

伝える技法は、あなたが生きている限り必要です。

1.『伝える技法 プロが教える苦手克服文章術(高田 昌幸)』評価:70点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
7020102020

標準点です。

伝える技法 プロが教える苦手克服文章術 | 高田 昌幸 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで高田 昌幸の伝える技法 プロが教える苦手克服文章術。アマゾンならポイント還元本が多数。高田 昌幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また伝える技法 プロが教える苦手克服文章術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『伝える技法 プロが教える苦手克服文章術(高田 昌幸)』あらすじ・内容・要約

【はじめに より】

本書は社会人だけでなく、高校生や大学生から読めるように書きました。

八〇〇字の作文を書きなさい。

この本を手に取ったあなたはそういう状況に置かれている、と仮定しています。そのうえで、「作文が苦手」という人をとくに念頭に置き、筆を進めました。

作文のノウハウを伝える目的ですが、よくある「ノウハウ本」とは少し違うかもしれません。

どこがどう違うのでしょうか。

際立った違いは「場面を伝える」に重きを置いた点にあります。「場面」は「映像」「風景」といった言葉に置き換えても構いません。

どうしてでしょうか。

その理由は、本書を読み進めてもらえば、次第に理解できると思います。

そして最後には「書くとは何か」の意味と全体像が、じんわりと染みこんでいくはずです。

【目次】

第1章 読みたくなる文章を書くには

オリジナルであること

作文は冒頭がすべて

「一番の一番」を探す

冒頭の「一番の一番」が重要

“起承転結”でながれをつくる

完成度高める「結」

第2章 一文一文を正確に書く

曖昧な言葉よりも具体的な言葉を

短いセンテンスで「切れ味」を出す

言葉には順番がある

無駄な文字を削る

接続詞を削る

本当に受動態で良いか? 

第3章 ちょっとした技で見違える文に

「! 」の多用は慎む

「?」の多用も慎む

会話文の「 」は発言主を明確に

体言止めを減らす

適切な改行

豊富な語彙力が役に立つ

決まり言葉を使わない

二重主語を排除する

語尾に変化をもたせる

しゃべり言葉を使わない

第4章 文章力をみがくには

“悪文”添削で欠点・短所をつかむ

八〇〇字の作文を仕上げる


アマゾンより

3.『伝える技法 プロが教える苦手克服文章術(高田 昌幸)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

4.『伝える技法 プロが教える苦手克服文章術(高田 昌幸)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
文学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました