250夜『生きるぼくら(原田マハ)』あらすじ•感想•要約•解説

生きるぼくら

1.『生きるぼくら(原田マハ)』評価:60点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
6015 151515

みんな生きているのです。1人ずつ大切な何かです。

生きるぼくら (徳間文庫) | 原田マハ | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで原田マハの生きるぼくら (徳間文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

2.『生きるぼくら(原田マハ)』あらすじ・内容・要約

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生(あそうじんせい)。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから? 人生は四年ぶりに外へ! 祖母のいる蓼科(たてしな)へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた──。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。

アマゾンより

3.『生きるぼくら(原田マハ)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

米作り何かをすることで私たちは本当に尊い命の中で生きている。

お金もものもあるのに働きたくもない何もしたくない。その米を食べているのは雨風が凌げるのは誰かがいっぱい働いて残してくれるからこの「慢心坊ちゃん」に氣がついてという話です。

4.『生きるぼくら(原田マハ)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
日本文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました