243夜『みかづき(森絵都)』あらすじ•感想•要約•解説

キャラが薄いので読みにくい、

1.『みかづき(森絵都)』評価:60点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
60 15151515

あまり面白さが分からい代物でしたので低評価です。

Amazon.co.jp: みかづき: 本
本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。

2.『みかづき(森絵都)』あらすじ・内容・要約

昭和36年。放課後の用務員室で子供たちに勉強を教えていた大島吾郎は、ある少女の母・千明に見込まれ、学習塾を開くことに。この決断が、何代にもわたる大島家の波瀾万丈の人生の幕開けとなる。二人は結婚し、娘も誕生。戦後のベビーブームや高度経済成長の時流に乗り、急速に塾は成長していくが……。

アマゾンより

3.『みかづき(森絵都)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

作者の描く苦しみが伝わってきました。その苦しさを書いてしまった方が面白くなるものです。

4.『みかづき(森絵都)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
日本文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました