237夜『王とサーカス太刀洗万智シリーズ(米澤 穂信)』あらすじ•感想•要約•解説

王とサーカスのお話。

1.『王とサーカス太刀洗万智シリーズ(米澤 穂信)』評価:70点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
7020151520

チラ見して諦めた本です。

王とサーカス 太刀洗万智シリーズ (創元推理文庫) | 米澤 穂信 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで米澤 穂信の王とサーカス 太刀洗万智シリーズ (創元推理文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

2.『王とサーカス太刀洗万智シリーズ(米澤 穂信)』あらすじ・内容・要約

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。「この男は、わたしのために殺されたのか? あるいは――」疑問と苦悩の果てに太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは? 『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生を左右する大事件に遭遇する。

アマゾンより

3.『王とサーカス太刀洗万智シリーズ(米澤 穂信)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

読んだといえば読んだが読んでいないといえば読んでいません。

4.『王とサーカス太刀洗万智シリーズ(米澤 穂信)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
日本文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました