23夜『動物農場(ジョージ・オーウェル)』5分で分かるあらすじ

動物農場は、スターリン体制下における全体主義の今日を描いた小説です。

動物の特徴を捉えて現代社会に警告をしている作品でもあります。

動物農場の評価・解説・感想を紹介します。

1.『動物農場(ジョージ・オーウェル)』評価:85点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 85 1921  25 20

百田尚樹のカエルの楽園の原本にもなっていると思われる動物農場。こうやって共産主義や支配主義は虚構を織り交ぜて自分たちの手の中に押し込め方法が書いてある。

日本の沖縄がいい例である。

普天間オスプレイ墜落から辺野古に移動から基地なくせというように共産主義は歪めていく。

あとは、郵政民営化からガス自由化そして水道民営化として、水道の民営化の土地は中国が買っているのであるが、国がストップをかけた。

《独自》外資の土地買収 情報集約 法整備へ 首相主導で閣僚会議
外国資本による安全保障上重要な土地の買収に関し、政府が首相をトップとする関係閣僚会議を新たに設置する方向で検討していることが31日、分かった。重要な土地の所有者を一元的に把握できる態勢の構築を目指す。複数の政府関係者が明らかにした。

gooより

あらすじを解説します。

2.『動物農場(ジョージ・オーウェル)』あらすじ・内容

農場に知力がある豚メージャー爺さんがいました。

メージャー爺さんは動物による動物の農場を作ろうと農場にいた馬や牛や雌鶏たちに声をかけて

人間から解放されて、自分たちのユートピアを作ろうとしました。

賢い動物、賢くない動物たちも皆メージャー爺さんの描く未来を想像してユートピアがこれば良いと心から思ってました。

人間の隙をついて、動物たちは一斉に解放されました。動物たちのユートピアは誕生しました。その後メージャー爺さんは、死にました。

後継者はナポレオン、スノーボール、スクィーラーという三匹の豚でした。

動物農場は、7つの掟ができました。

  1. 二本足で立つものはすべて敵
  2. 四本足で立つか翼があるものは友
  3. 全ての動物は服を着てはいけない
  4. 全ての動物はベッドで寝てはいけない
  5. すべての動物は酒を飲んではいけない
  6. すべての動物は他のどんな動物も殺してはいけない
  7. すべての動物は平等である

動物たちは読み書きができるようになりました。以上が守られて平和な暮らしをしていました。

しかし、ナポレオンは八匹の大き犬を従えて独裁的になりました。スノーボールを追い払ったのです。

怖くて逆らえる動物はいなかったです。そして、ナポレオンの手下であるスクィーラーの巧みな弁論に動物たちは共感していくのでした。

徐々に人間の解放される前もしくはそれよりも悪い生活になっていきました。

食料は減り、動物たちはお腹を空かせていました。

豚たちは食料が多く配給され、太っているものもいました。

豚は寝床も人間のベットを使っていました。

この7戒もナポレオンとスクィーラーにより、最終的に

  1. すべての動物は平等である。だが一部の動物は他よりもっと平等である。

人間たちとも商業的な取引をするようになりました。ナポレオンや豚たちは二本足で立つようになり、顔や声は人間とほとんど見分けがつかなくなっていました。

3.『動物農場(ジョージ・オーウェル)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

動物農場は実在する人物や組織に当てはめて描いた風刺小説です。

さあー、今の現実社会を見ていただきたい、どちらが正しくてどちらが違うか両方ポーカーで両方ともスペードのエースを出している状態です。

奪い合うことと自分が頂点に立つことばかりしか考えていないのです。

競い合うより助け合う方が大切なのに、どっちが高い椅子なのか競い合う社会になってしまいました。

その結果は両方の椅子が崩れ助け合いをしている人々が結局大切と氣がつきます。

その結果は両方の椅子が崩れ助け合いをしている人々が結局大切と氣がつきます。

歴史にいると当事者は賢いと思い洗濯をしていることでしょうが、

何があるのかは未来から見て起きた結果から判断されます。

本の解説に詳しく統治の独裁体制と登場人物が描かれています。

共産主義が理想だと思って突き進みましたが、人間の作るものに完璧はありません。

必ず歪みが生じます。今回の資本主義と科学の発展も限界に陥っています。

独裁主義の中国がまた強くなりつつあります。そして、また同じ歴史の繰り返しが行われそうです。

4.『動物農場(ジョージ・オーウェル)』まとめ

動物農場も過去から現在にあたり、どうやって人間が虚構を使うのかを厳格に書いてあります。

歴史は常に一緒なのだとわかります。なので、本として一生懸命後世に伝えようということがわかります。

また、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
海外文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました