229夜『千年働いてきました(野村進)』あらすじ•感想•要約•解説

千年働いている会社は何かしらの良さがある。

1.『千年働いてきました(野村進)』評価:66点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
6617 151717

長く続くプロセスを知りたく、読んでみた本です。

千年、働いてきました: 老舗企業大国ニッポン (新潮文庫) | 進, 野村 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで進, 野村の千年、働いてきました: 老舗企業大国ニッポン (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。進, 野村作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また千年、働いてきました: 老舗企業大国ニッポン (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『千年働いてきました(野村進)』あらすじ・内容・要約

潰れない会社には哲学がある。
全国の老舗製造業を訪ね、持続の秘密と企業哲学を探る傑作。

携帯電話に詰め込まれた老舗の技術を知っていますか? 
折り曲げ部分には創業三百年の京都の金属箔粉屋の、
マナーモードは日本橋の元両替商の、
心臓部の人工水晶は明治創業の企業の技術が関わっています。
時代の波をのりこえ、老舗はなぜ生き残れたのか。
本分を守りつつ挑戦する精神、社会貢献の意志、「丹精」という価値観。
潰れない会社のシンプルで奥深い哲学を探る、企業人必読の一冊! 

本文より
世界最古の会社はどこにあるのだろうか?
なんとなくヨーロッパのどこかの国、たとえばイギリスやドイツを思い浮かべがちなのだが、
実はここ日本にある。
その会社、いつから現在まで続いているのか?
江戸時代? 安土桃山時代? それとも室町? 鎌倉? まさか平安時代?
いや、もっとずっとずっと前……。
(「第一章 老舗企業大国ニッポン」)

目次
プロローグ 手のひらのケータイから
第一章 老舗企業大国ニッポン
老舗は日本に集中している/アジアの老舗企業事情/植民地主義下では老舗が育たない/華人の企業は続かない/「職人のアジア」と「商人のアジア」がある/日本人は職人を尊ぶ/「削る文化」と「重ねる文化」

第二章 ケータイに生きる老舗企業の知恵
金地金のふたつの顔/かくも貴重な鉱物資源/金属の極細線がモーターを動かす/ケータイの開閉に箔の技術/コア・ミッションから離れてはいけない/金属を擬人化して扱う/強迫的な先鋭化

第三章 敗者復活
銅山で生まれたリサイクル/ケータイのゴミの山から金をとりだす/黒鉱との戦いが生み出した製錬法/汚染土壌を浄化する/山奥につくられた最終処分場/日本一の廃棄物処理会社/貧者の知恵が生きる

第四章 日本型バイオテクノロジーの発明
売り手よし、買い手よし、羊よし/アトピー性皮膚炎の救世主/醸造業界低迷から脱出する/「不義にして富まず」の思想が活きる/薬事法を変えたライスパワーエキス/人間中心主義からの脱却/技術屋と原料屋の出会い/天然ロウの輸入が貧困地帯を救う/私欲起こせば家を破壊する/「殺す発想」から「生かす発想」へ/生きとし生けるものへの敬意

第五章 “和風”の長い旅
一軒のみかん農家が生み出した蚊取り線香/墨作りの技術は七世紀から変わらない/新しもん好きが生み出した筆ぺん/意外なところに応用された液体墨の技術/墨は不思議なメディア/老舗の土台を築くのは三代目あたりの養子/余所者だからできることがある/職人との一生涯契約/金箔の技術が日常品の至る所に/伝統は、革新の連続/支払いをきちんとすれば安くなる/バックミラー業界最大手に成長/伝統性と時代性の調和/文化の大きな循環の中で生きる

第六章 町工場 ミクロの闘い
ショベルとイチローの意外な関係/自分の体の中に聞こえてくる/鋳物は、ものづくりの原点/職人がコンピューターに駆逐される!?/どこまで中国に技術移転すべきか/ケータイの心臓部を担う人工水晶/より小さく、より安定したものを/弁柄製造が起こした公害問題/公害からサヨナラ逆転満塁ホームラン/日本人の技術は「詰める」所にある/デジタル化の中で活きる“丹精” 

第七章 地域の“顔”になった老舗企業
昆虫界のターミネーターの秘密/独創的なものづくりの原点/十年単位の研究活動/同族経営・非上場の強み/トレハロースは宝の山だった/チャップリンのステッキ/女性がダメというものは絶対に売れない/双系社会が老舗を育てる/老舗製造業五つの共通項

エピローグ 世界最古の会社は死なず
「老舗」に対する大阪人の心意気/日本最古の企業、廃業の危機/寺社建築の工法には進歩はない/他の建築会社にない困難は「時間」だった/老舗の看板が信用の代名詞だったのは過去の神話/「金剛組を潰すことは大阪の恥」/役に立たない老舗は潰れる
あとがき
巻末対談 中沢孝夫(福井県立大学名誉教授)×野村進
老舗企業関連年表
文庫版あとがき


アマゾンより

3.『千年働いてきました(野村進)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

千年の働いている日本が、骨抜きの教育が行われている。本来助け合って生きていたのが協力を忘れて自我のみになりつつある。

4.『千年働いてきました(野村進)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
経営学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました