215夜『ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 (斎藤 康毅)』あらすじ•感想•要約•解説

ディーオプランニングを知りたく自分で触ってみました。四苦八苦しました。とてもいい本です。

1.『ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 (斎藤 康毅)』評価:点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
8020 202020

Googleさんが画像を識別してヒャッハーできます。何が写っているのか勝手に識別してくれる。

2.『ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 (斎藤 康毅)』あらすじ・内容・要約

ディープラーニングの本格的な入門書。外部のライブラリに頼らずに、Python 3によってゼロからディープラーニングを作ることで、ディープラーニングの原理を楽しく学びます。

ディープラーニングやニューラルネットワークの基礎だけでなく、誤差逆伝播法や畳み込みニューラルネットワークなども実装レベルで理解できます。

ハイパーパラメータの決め方や重みの初期値といった実践的なテクニック、Batch NormalizationやDropout、Adamといった最近のトレンド、自動運転や画像生成、強化学習などの応用例、さらには、なぜディープラーニングは優れているのか?なぜ層を深くすると認識精度がよくなるのか?といった“Why”に関する問題も取り上げます。

アマゾンより

3.『ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 (斎藤 康毅)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

画像から監視できちゃいますよーと分かります。

中国はこれをやっています。

中国では天網に代表されるようにディープラーニングが国民に対する当局の監視強化を目的に急速に普及している。

wikiより

ヒャッハーとドローンで画像認識して識別するのでした。

4.『ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 (斎藤 康毅)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
学術・教養・哲学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました