200夜『ドルフィンデイズ(旭晴人)』あらすじ•感想•要約•解説

あの夏休みの青春、あなたはイルカと触れ合う。

1.『ドルフィンデイズ(旭晴人)』評価:78点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
78 20 18 20 20 

イルカの純粋な気持ちと人間との触れ合いが蘇る。

ドルフィン・デイズ! (角川文庫) | 旭 晴人 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで旭 晴人のドルフィン・デイズ! (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。旭 晴人作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またドルフィン・デイズ! (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『ドルフィンデイズ(旭晴人)』あらすじ・内容・要約

プライドが高いがゆえに就職が決まらなかった蒼衣は、熱中するダイビング以外の時間を持て余していた。そんなある日、ドルフィントレーナーの求人を父から聞き、泳げる仕事ならと試験を受けてみることに。難関の選考を通過し、晴れて採用された蒼衣は相棒のイルカ、ビビと共にショーデビューを目指して働き始める。しかしその矢先、イルカには致命的な異変がビビに見つかり――。水飛沫の舞うひと夏を描く青春お仕事小説!

アマゾンより

3.『ドルフィンデイズ(旭晴人)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

イルカのこの人がモデルになっていることでしょう。

ジョン・C・リリー
アイソレーション・タンクによる人体と精神の隔離実験を行っていた。人間が外部からの入力を完全に絶った場合、精神の内面の世界が増幅され、極彩色の色彩や前世体験、宇宙へ飛び出すといった体験をするという政府への報告書は『バイオコンピュータとLSD』として後に出版されている。幻覚剤を用いたままアイソレーションタンクに入ることもあった。アイソレーション・タンクの中で浮かんでいるような生物のことを探求することを思いついた。イルカはこれに該当する生物であり、体積比における脳の割合で人間よりも大きな脳を持っている(と彼が考えた)イルカの研究をはじめた。脳を生命コンピュータとしてプログラミングの観点で考えた。そして、イルカに言葉を覚えさせる訓練を行う。

ウィキより

マインドセット知ったいならこれやればイチコロです。アイソレーション・タンクやってみたいですね。

4.『ドルフィンデイズ(旭晴人)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
日本文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました