179夜『人間の条件(ハンナアレント)』あらすじ•感想•要約•解説

《労働》《仕事》《活動》の三側面から考察する。人間の条件。全体主義により労働に押し付けられた近代の我々人生の警告であろう。

1.『人間の条件(ハンナアレント)』評価:84点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
84 22 22 20 20 

ハンナ・アレントの本は奥が深い。人間をよく研究し、自分の立場を求められた道筋で傑作度面白さ高評価です。
かなり文字数が多いために時間という面から学び度経験値UPは少し点数を低めですが、文句なしのいい本です。

人間の条件 (ちくま学芸文庫) | ハンナ アレント, Arendt,Hannah, 速雄, 志水 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでハンナ アレント, Arendt,Hannah, 速雄, 志水の人間の条件 (ちくま学芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ハンナ アレント, Arendt,Hannah, 速雄, 志水作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人間の条件 (ちくま学芸文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

2.『人間の条件(ハンナアレント)』あらすじ・内容・要約

条件づけられた人間が環境に働きかける内発的な能力、すなわち「人間の条件」の最も基本的要素となる活動力は、《労働》《仕事》《活動》の三側面から考察することができよう。ところが《労働》の優位のもと、《仕事》《活動》が人間的意味を失った近代以降、現代世界の危機が用意されることになったのである。こうした「人間の条件」の変貌は、遠くギリシアのポリスに源を発する「公的領域」の喪失と、国民国家の規模にまで肥大化した「私的領域」の支配をもたらすだろう。本書は、全体主義の現実的基盤となった大衆社会の思想的系譜を明らかにしようした、アレントの主著のひとつである。

アマゾンより

3.『人間の条件(ハンナアレント)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

現在支配により世界が一つにあるように思われます。「私的領域」の支配は有を無にしていきます。

いつか必ずなくなっていくのです。分け与える精神性はなくなり文明は崩壊します。それを人んるいの歴史は何度も繰り返し文明が滅びているのです。
文明が栄えた際の人にもおそらく同じように警告をしていた人がいて現在もいるのでしょう。

この永遠に意味がないように思われますが、よくよく一つずつ見ていくとその時の学びがものです。

4.『人間の条件(ハンナアレント)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
海外文学(小説)
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました