173夜『お金の流れ(大村 大次郎)』あらすじ•感想•要約•解説

ユダヤ人とお金の流れと世界史は繋がっていることがわかり、お金の歴史を知りたくなり読んでみました。

1.『お金の流れ(大村 大次郎)』評価:82点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
82 20 21 21 20 

かなりいい本です。お金の流れがわかるとお金持ちになれる確率は上がります。

とても学べることが多いので高評価です。

2.『お金の流れ(大村 大次郎)』あらすじ・内容・要約

「ローマ帝国は“脱税”で滅んだ」「ナポレオンは“金融破綻”で敗れた」――お金の流れを読むだけで、歴史はよくわかる、さらに面白く見えてくる!「お金」「経済」「権力」の5000年の動きを徹底的に追跡調査!

アマゾンより

3.『お金の流れ(大村 大次郎)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

なぜ今この情報がほとんどただみたいになっているのか?

金が価値が上がっているのか?

全ては私たちはお金の歴史の最中にいる。それは、仮想通貨というシフトチェンジで新たな金融の始まりである。

中国から紙幣制度が始まり、虚構によるGoldとの代価のないシステムが始まり国民の信用度だけでお金の債務が行われている現在、それが一度リセットする期間でもある。日本でも黒字国家なのに老人が8割以上抱え込んでしまい発展ができなくなっている。この時代の流れはとてもいいことなのだろう。

いるも鍵になってくるのがいくらいいシステムでもそれを使いこなす我々人間1人ずつである。

必ず現れる自分だけ得をして支配をしようと人たちである。

企業家はそのときの需要に沿って作っているだけで求めているものが残っていくのである。

ビットコインも本来は支配をやめて仮想通貨を1人ずつの信用にしようと日本人がおそらく必死に作った背景がある。

しかし、その虚構で自分が得をすればいいとし、きんとビットコインを揺らして自分たちの支配からなる形が完成しつつある結局ん愛もの変わらない。ネットの中にありお金のやりとりがよりわかりやすく支配者にわかるだけなのである。

お金が嫌いのではないのではないお金は大好きですし、いい制度なのだが、それを使えこなびさをない自分たち1人ずつが虚構に騙されるのです。

4.『お金の流れ(大村 大次郎)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
経営学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました