171夜『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 (西岡 壱誠)』あらすじ•感想•要約•解説

読む力は生きていく上で大きな時間の節約になる。読者が嫌いな人でもできることがわかりやすく書いてある。

1.『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 (西岡 壱誠)』評価:71点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 7120 16 17 18 

東大というブランドを押しすぎているので少し点数低めです。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 | 西岡 壱誠 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西岡 壱誠の「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書。アマゾンならポイント還元本が多数。西岡 壱誠作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 (西岡 壱誠)』あらすじ・内容・要約

「仕事」にも「勉強」にも「読書嫌い」にも効くと大好評! ! 

「こんな読み方、あったんだ」

★本書の特徴★

マネするだけで、誰でも、どんな本でも!!

1.速く読める

2.内容を忘れない

3.応用できる

東大生は、そんな超・実践的な読書術を自然と習得していました。

ホントは教えたくなかったノウハウを、一冊に凝縮します!

★絶賛の声、続々! ★

「もっと早くこの本に出会いたかった! 」(20代/ビジネスパーソン)

「得られる知識が格段に増える読み方を、やっと見つけた」(30代/ビジネスパーソン)

「本が好きになれる。読書が楽しくなる」(40代/教師)

「思考力がグングン伸びると実感。すぐ、子どもにも身につけさせたい」(30代/小学生の母)

「本をよく読む私にも、新鮮な発見が多い良書」(60代/男性)

★一生使える、5つの「スゴい読み方」★

「読み込む力」を劇的に上げる……………仮説作り

「論理の流れ」がクリアに見える…………取材読み

「一言で説明する力」を鍛える……………整理読み

「多面的なモノの見方」を身につける……検証読み

「ずっと覚えている」ことができる…………議論読み

★著者からのコメント★

もともと「できる子」だった東大生たちには「当たり前」の読み方。

偏差値35で落ちこぼれた僕がたどり着くまで、2年も浪人しました。

でも、だからこそ誰よりも、この読書術の「やり方」と「スゴさ」がわかります。

本書ではそれを、あますところなくご紹介します。

――西岡壱誠

アマゾンより

3.『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 (西岡 壱誠)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

たまには東大さんのお話を聞いてみようと思い買ってみた本です。

確かに勉強をして頑張っているのはわかりますが、本当に大切な生きるための智慧が忘れられているように感じます。

日本一の東大も世界では42位です。いつからそこまで日本は落ちてしまったのでしょうか?
東大というブランドで揺れ動くのが私たちの脳を衰退に向かわせている。自分たちの目は節穴ですか?
クイズ番組でもいらないものまで覚えて本当にそれが賢いことなのでしょうか?

生産性を上げるための幸せに向かうための社会がいつの間にか
仕事までもが学校になっているのではないかと思う本でした。

4.『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 (西岡 壱誠)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
home
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました