170夜『できる人は必ず持っている一流の気配り力(安田 正)』あらすじ•感想•要約•解説

氣くばりができたら、圧倒的さなることが書いてある秘訣ですが、一番大切なことが抜けているます。

1.『できる人は必ず持っている一流の気配り力(安田 正)』評価:65点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
65 20 15 15 15 

テクニックばかりです。できない何かが人間にはあります。そのできない何かを見抜かない限り一流の気配りはできません。

なので、評価は低めです。

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本) | 正, 安田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで正, 安田のできる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)。アマゾンならポイント還元本が多数。正, 安田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またできる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2.『できる人は必ず持っている一流の気配り力(安田 正)』あらすじ・内容・要約

「ちょっとしたこと」が、「圧倒的な差」になっていく。

評価も、人望も、お金も引き寄せる、“仕事に効く”気くばりの秘訣!

◆そのとき、求められていることの「一歩先」を読んで動く

◆お礼こそ、「即・送信」

◆相手の「立場」から、「感情」を想像する

◆「冷静」と「情熱」のバランスをとる

◆トラブルの解決では、両者のメンツをふまえる

◆相手の気持ちを上げたいときは、話を「ちょっと盛る」

◆手柄を人に譲り、「花を持たせる」ことも惜しまない

仕事も人生もうまくいく秘訣は、つまるところ……

人と人との間の“見えない空気”を、気持ちのよいものにすること。

相手のことを考えた「気くばり」が、自分自身に大きなメリットを連れて帰ってくる、

そんな実践法があるのです。

安田正

アマゾンより

3.『できる人は必ず持っている一流の気配り力(安田 正)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

まずテクニックばかりです。やはり経歴を見てもグローバルですね!こういうのはいくらやっても心が満たされない何かを持つものです。確かに見習うものはあります。

人相からいうと、氣を配ってペコペコしているよく言えば、出世の早いサラリーマンのように感じます。

もちろん悪いことではありません。

勝手な解釈です。

私の氣配りを書いていきますが、上にばかり氣を配るとエネルギーが足りなくなります。

差をつけていると自分にエネルギーという氣配りの氣がなくなるのです。

自分に氣がない状態で氣配りはできません。誰でも同じように接する氣配りが大切になってきます。

赤ちゃんだろうが、90歳の老人だろうが誰にも等し態度だと何も氣がなくならないのです。この原理原則を無視していくらテクニックを語っても底のないバケツと同じでただ漏れていて危険です。

人間の中のエネルギーが自分の中で爆発すると一体どれだけの奇跡を起こせるのであろうか?

4.『できる人は必ず持っている一流の気配り力(安田 正)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
ビジネス
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました