160夜『新 もういちど読む 山川日本史(五味 文彦)』あらすじ•感想•要約•解説

新 もういちど読む 山川日本史を読もうと思ったきっかけは多くの本を読むにつれ、教科書に載っていた歴史を知りたくなり読んでみました。

1.『新 もういちど読む 山川日本史(五味 文彦)』評価:64点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 6313 15 19 17 

なぜこんなに歴史の教科書はつまらないのだろうか?面白さが13点です。

2.『新 もういちど読む 山川日本史(五味 文彦)』あらすじ・内容・要約

教科書の歴史

3.『新 もういちど読む 山川日本史(五味 文彦)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

歴史に人間の心は乗っていません。敗者に口はありません。なんでそうやって行動をしたのか?

結果しか見ません。本来歴史はお互いの策略と正義があります。そして、戦いのない時代と戦いが始まる時代に同調の流れがあります。

織田信長と武田信玄の戦いで織田につけばいいのにと誰もが思うだろうが、その当時は結果がわからないのである。

それは現在も歴史の一部であるのに当事者は歴史を認識するのは非常に難しいのである。

中国につくのかアメリカにつくのかを見極めている。日本の企業かも賢いので、中国ともアメリカの両方と手を組むのに舵を切っている。

揺れ動くいて現在・未来までにつながっているのが歴史である。

まず私の中で歴史は、反対から見ると面白くなるのである。例えば、日本で一番高い東京スカイツリーは、電波塔である。

電波塔っていつで来たんだろう?作った人は?ラジオ?戦争から?暗号?そしたら、建物を作られたのは?出雲大社?法隆寺?どっち?

中国が日本に入ってきたから神社と法隆寺があるのか?出雲大社は古事記の元だよね?という現在から見る歴史にすると面白く感じる。

その歴史が現在に通じて私たちの生活と密接に関わっているからだ。

教科書の歴史を見ると、1875年明治にコンクリートが日本に移入されました。←でって感じになります。

これを現在のお家でRC造と木造とS造が主流ですが、あなたのお家はなんですか?

コンクリート造です。それはいつにできたのでしょうか?日本に入ってきたのは、明治の1875年で九千年前にはありました。

へーそうなんだと数字も覚えます。

天皇の系統もややこしすぎてわかりにくもう誰でもいいやんけと思うけど、自分の家系から呼び起こしイメージをしてあげると面白くなっていきます。

おじさんちょめちょめしすぎで子沢山でした。とかそういうイメージでいくとすんなに覚えれるのですが、丸暗記だけになってしまう歴史に意味があるのでしょうか?

テレビも丸暗記できている人が頭がいいようにパフォーマンスでクイズ番組をしていますが、自分の人生で必要のないものまで覚えてどうするのと思いました。

4.『新 もういちど読む 山川日本史(五味 文彦)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
教育学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました