152夜『それをお金で買いますか 市場主義の限界(マイケル・サンデル)』あらすじ•感想•要約•解説

全てのものがお金で買われる社会。あなたの市場価値も名前も全て市場に出ている。道徳を締め出していく名誉も全て資本で買ってしまう。
愛情の節約をしていくこの世界の行き先資本主義の実態がわかる本です。

1.『それをお金で買いますか 市場主義の限界(マイケル・サンデル)』評価:79点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 7920 15 22 23 

評価の理由は、一次は的に人氣が出る。人間の道徳を置いてきぼりにした資本主義は崩壊することが書いてあります。

評価ポイントは、お金についてよく書いてあることです。

それをお金で買いますか 市場主義の限界 | マイケル・サンデル, 鬼澤 忍, 鬼澤 忍 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonでマイケル・サンデル, 鬼澤 忍, 鬼澤 忍のそれをお金で買いますか 市場主義の限界。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

2.『それをお金で買いますか 市場主義の限界(マイケル・サンデル)』あらすじ・内容・要約

「結局のところ市場の問題は、実はわれわれがいかにして共に生きたいかという問題なのだ。」 (本文より)

アマゾンより

道徳をなくした資本主義は暴走したお金になる。お金で買えるものが多いが、お金で買えないものもあるというお話です。

3.『それをお金で買いますか 市場主義の限界(マイケル・サンデル)』感想と評価・ネタバレ・面白つまらなく自己解釈

お金の使い方やお金もちになったらあなたは何に使いますか?

お金を使うということはそこで多くの労働をしている人がいるということになります。本当に善きことにお金を使わなければ、誰かがまたそこから人を雇い嫌な仕事をしている人がいるかもしれません。

少しでも善きことにお金を使う時代が来ています。いかに我々とともに生きるかが大切になります。

4.『それをお金で買いますか 市場主義の限界(マイケル・サンデル)』まとめ

他にも、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
金融学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました