34夜『中学 歴史 平成30年度文部科学省検定不極各教科書(竹田 恒泰)』

1.『中学 歴史 平成30年度文部科学省検定不極各教科書(竹田 恒泰)』評価:83点

総合点(100点)面白さ(25点)傑作度(25点)学び度(25点)経験値UP(25点)
 8322 19 20 22 

日本側の人からの声です。日本の歪められ続けた歴史に終止符を打つべく書かれた本。

現在の教科書は中国とアメリカの怨念の塊というお話でした。

日本人の国民性がわかるお話です。

それではあらすじを見ていきましょう。

2.『中学 歴史 平成30年度文部科学省検定不極各教科書(竹田 恒泰)』あらすじ・内容

日本がいつ建国しましたか?

誰が日本を建国しましたか?と言われると

ほとんどの日本人は答えられないでしょう。

日本の歴史を教える教科書なのだから日本を優先するのが当たり前なのに 「普及している中学歴史教科書の多くは、各章が中国→朝鮮→日本の順序に書かれている」 それが普通というのが恐ろしい。

おとなの自分には図版がなくても特に不満はありませんが、中学の教科書にするなら、理解を深める助けになるので必要かなと思いました。

教科書で書いてあるのは本当なのか?

誰かの意図が入っていないか?一年前の給食を思い出してみてください。あなたは答えられますか?

そう歴史とはそんなようなもの、何が起きているかなんて実際わからない。まるで、誰かの意図で作られているかのように感じる現代の教科書を

少しでも日本が二千年以上続いていることがしっかりわかり、よりわかりやすく日本を中心に書いてある本です。

3.『中学 歴史 平成30年度文部科学省検定不極各教科書(竹田 恒泰)』感想と評価・ネタバレ・自己解釈

東日本大震災が起きた時、助け合いながら秩序だって行動するのが日本人の和の心です。

海外からも災害や緊急時は無秩序で強奪等々の犯罪で暴走するのですが、日本人はお互いに思い合うことのできる文化があります。

いつも震災や協力をなければ生きていけないのです。

本書に最後にそのことが書いてありました。

いつからか日本人を売る輩が多くなっています。

いつもその戦いがあります。そして、日本政府も立ち上がり戦っては協力し、それを利用するもの利権を確保しようとするもの等々歴史は繰り返しです。

現代の教育では、全体よりもその短所のみを暗記させて、全体の流れ相手の思惑はほとんど書きません。勝者の政策が全て正当化されているのが歴史です。

全てはメリットがあり。デメリットがあります。

そのことを踏まえて読み解いていくと一つの答えが見えるそんな本に思えます。

4.『中学 歴史 平成30年度文部科学省検定不極各教科書(竹田 恒泰)』まとめ

難しく書いてしまいましたが、日本の視点からみている歴史です。異変に氣が突き出した日本人がかなり増えてきていて高津に映し出していますが、

それも計算の一つです。大切なのは自分のあり方です。常に私の周りに平和があります。

牢獄に行こうが、捕虜になろうが人を憎んで生きていくと地獄の始まりです。

ふざけるなと思うこともありますが、心の声に従って生きていけば良くなっていくと自分は思っています。

熱がこもってしまって宗教ぽいですが、自分が太陽のように光続けることを祈っております。

また、過去に読んだ本のランキングも紹介しています。よければこちらへどうぞ。

生かしていただき有難う御座います☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
ブックマン

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

ブックマンをフォローする
教育学
スポンサーリンク
ブックマンをフォローする
千夜千書
タイトルとURLをコピーしました